相談員に求められる資質とは ~介護の知識と経験が必須になる仕事~

信頼関係を築くことが大切

介護施設で介護職員の募集はよく見かけるかと思いますが、生活相談員の募集はあまり見かけません。なぜならその施設の職員の中から選ぶことが多いからです。生活相談員はいわば、施設の顔。施設利用者とその家族に最初に携わる職員となるので、施設の印象が相談員で決まるといっても過言ではありません。

そのため、ある程度の経験や実績があり、施設のことをよく理解している中堅からベテランの職員が任されることが多いのです。もちろん新卒や未経験者でも募集を募ることはあります。ですが、それはよっぽどの緊急事態(誰もなれる人がいないなど)か、施設運営上余裕があるとき(金銭的にも人数的にも)でないと難しいでしょう。そのため、まずは介護職員として頑張ることが一番の近道です。入社する前から生活相談員を目指していることを伝えておきましょう。そしてリーダー層になれるよう自分自身を磨いて努力することが必要です。

また、ほかの職員からの人望も必要な要素となります。利用者やその家族との信頼関係ももちろん欠かすことはできません。そして施設内で行われる研修や会議、勉強会などには極力参加し、運営方針を理解することも大切です。また、資格も必要です。

介護士やケアマネージャーは入社してからでもとることは可能ですが、社会福祉士は専門学校や大学で必修を受けていないと試験を受けることができませんので注意が必要です。相談員は色んな部署や業者との連絡調整を行います。ときには板挟みになることもあるでしょう。しかしそれ以上にやりがいも感じられます。相談員になるには、地道な経験を積んでいくことが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です